バイク

 バイクは動かなくなっても自宅に保管されることが多いようです。

これは廃車費用が高いことや、比較的場所を取らないために処理が面倒でそのまま敷地内に放置されるオートバイが多いと言われています。
しかし、バイクといえども不動車として放置されたオートバイは燃料タンクやエンジンからの漏れが問題となることも多く、廃車などの処理が必要です。

 

そこで注目されているのが不動車の買取業者の利用です。
買取業者の多くは不動車から部品を取り外し、輸出にて海外に販売しています。

 

日本製のオートバイはメーカーからの部品供給がなくなっても乗り続ける方が多く、中古部品市場は活況であると言われており、国内で眠っているオートバイの買取は各業者にとって重要になってきてます。
また、程度の良いオートバイについては修理して販売を行われることも多く、買取査定においては部品の価値の他に修理費についても一緒に検討されることが多く、程度の良い場合には高値で取引されることもあります